深夜に見た衝撃的な海外ドラマ

深夜にふと目が覚めて再び眠ろうと試みるも、全く眠れませんでした。
無理やり寝ても仕方ないと思いベッドから起きて、暇つぶしになるかとTVを付けました。
するとある海外ドラマが、放送されていました。
見たのは途中からだったので、詳しい話の内容はほとんど分かりません。
でもあまりの衝撃の展開で、最後まで見入ってしまいました。
何かの事件捜査の為に、男性刑事が容疑者の家へと訪れます。
刑事は訪れた先の住人が容疑者だとは知らず、罠にかかり捕まってしまいました。
刑事は森の中に檻に入れられてしまい、耳には黄色いタグ。
彼の近くには、不敵な笑いを浮かべる大柄の男が1人…。
大柄の男は“遊び”の為に人を捕まえて、“狩り”と称して残虐な犯行を繰り返していたのです。

おそらく残虐な犯行を暴く為に、刑事は訪れたのでしょう。
でも結局は巻き込まれてしまい、絶体絶命の大ピンチを迎えてしまいました。
最終的には警察がやってきて解決したものの、人は遊びの為だけに人の命をも手玉にとるものかと衝撃を受けてしまいました。

ただゴールデンタイムでは絶対に放送出来ない内容ではありましたが、スリリングな展開もあって、ドラマそのものはとても面白かったです。